違うか違わないかほぼ同じか

>

興信所と探偵社の歴史を紐解いてみる

興信所の主な仕事

興信所の主な仕事は企業の信用調査ですが、その他にも人探しや浮気調査、盗撮盗聴など様々あります。
昔は法人相手の調査がほとんどでしたが、興信所の数も増え、探偵社との競争の中で、仕事内容も多様化してきたのではないかと思います。
盗撮や盗聴などは犯罪ではないかと思われがちですが、調査上のことであれば、条件付きですが合法と認められています。
この条件というのは、簡単に言えば、公共の場か私有地か、合意の上かそうでないかということです。
例えば浮気調査の場合、ラブホテルに入るところを盗撮するのは罪に問われませんが、浮気相手の自宅で浮気の行為を盗撮するのは違法なので、例え調査上の上でも罪に問われます。ただ、同じ私有地でも依頼者である妻又は夫の自宅で、合意のもとであれば合法になります。
しかし法律もからんでくるので、中々神経を使う仕事と言えます。

興信所のデメリット

昔からある古い興信所は、法人相手の調査に関しては実績もあるでしょうし信頼性も高いと思います。
基本的に身分を明かして調査することが主体である興信所ですが、正々堂々と調査できるメリットと共にデメリットもあります。それは身分を明かすことによって相手の信頼を得ると同時に、ある程度の警戒心も与えてしまうことです。調査対象が知り合いであれば尚のこと、迂闊なことは話せないと考えて、当たり障りのないことだけ話す可能性が高くなります。トラブルは避けたいと思うのが人の性と私は思うので、深い内情まで探るのは、なかなかむずかしいかもしれません。
その他にも、法人関係に慣れている興信所であれば、個人の依頼は慣れていないこともあるということが挙げられます。個人相手ですと基本的に身分を明かさずに調査を進めていくので、熟練の探偵のようにはいかないのが現状だと思います。


この記事をシェアする