興信所と探偵って何が違うの?

違うか違わないかほぼ同じか

興信所、今と昔で変わったこと

興信所も探偵も、その歴史は意外と古く、戦前にまで遡ると言われています。
どちらも、第三者から依頼されて調査をしていく、という面で違いはありませんが、興信所は主に企業などの法人相手の調査をすることが多く、探偵社は一個人を相手に調査をしてきました。ではさらに、そのルーツを辿っていくことにしましょう。
まず興信所ですが、明治維新後は商工業の繁栄化により企業間の取引が多くなってきた時代でした。お互いに取引先の信用調査をすることが増えたことによる「商業興信所」の設立が、日本で初めての興信所となったと言われています。そして企業間の調査の為か、興信所の調査員は、自身が興信所の者であることを相手に告げたうえで調査をしていたそうです。ただ時代が進むにつれ、その調査方法も変わってきている所もあるかもしれません。
次に探偵社ですが、基盤を作ったのは元刑事と言われています。退職後も個人的に依頼を受けて、刑事時代の経験を活かし、尾行や張り込み、聞き込みなどの調査をして、調査対象に身分が漏れないように内密に調査をしていました。現在もそこは変わっていないようです。
こうやってみると、昔は興信所と探偵社はお互いの領域を守って職務を遂行してきた感じがします。しかし現在は興信所も浮気調査や人探しなどの調査をすることもありますし、探偵社も企業間の信用調査を行うこともあるという、お互いの領域をお互いに浸食してきてるところがあると言えます。
興信所も探偵社も、それぞれの会社の得手不得手はあるものの、相違点は少なくなってきているようです。